看護師求人

ナース転職

ナース転職

看護師(ナース)の仕事のニーズは年々高まっています。 近年、晩婚化などによって出産率が低くなり少子化社会となっていますが、それと並行して問題視されているのが高齢化社会です。 近代科学の発展は、様々な恩恵を人々にもたらしましたが、同時に新しい問題をいくつか生み出しています。 高齢化社会は科学の発達により生まれた新しい課題です。 つまり、科学の発達により医療技術が進歩し、それによって老人の人口が増加しているということなのです。 また、その問題は今後も続いていく見通しであり、これからも老人の数は年々増え続け、それに伴い老人の世話をするための人が求められることになります。

そしてその老人の世話をする人というのが、ヘルパーだったり、看護師なのです。 このような理由により、年々看護師のニーズが高まっている昨今ですが、だからこそ転職や離職の方法については注意したいところです。 やむを得ない事情により看護師を離職しなければならない方もいるでしょう。 結婚して夫の都合にあわせて転職しなければならないという方もいるでしょう。 様々な事情により改めて看護師として仕事を探さなければなくなった時、どうすれば良いと思いますか? 看護師のニーズが高まっているからこそ求人こそたくさんある看護師業界ですが、求人がたくさんあるからといって簡単にどうにかなるものではないのも事実です。 少なくとも、ただ看護師資格を持っているだけでは、仕事を見つけたくても見つけられないものです。 もし仮に見つけられたとしても、酷い条件下での仕事しか手にできなかったりするかもしれません。 そんな自体を避けるために利用したいのが、ハローワークや人材紹介サービスです。 ハローワークや人材紹介サービスは、基本無料で利用できるにも関わらず、多数の求人情報が手に入るので、転職にせよ離職による再就職にせよ、看護師にとって非情に心強い味方となります。

また現役看護師の方も、いざという時のために存在を知っておいても決して損はしないでしょう。 もちろん、これから看護師になろうとしている新人の方にとっても非情に有益なサービスです。 看護師に関わるすべての方にとって、ハローワークや人材紹介サービスは、求人を獲得するためにも是非とも利用すべきサービスと言えます。

看護師(ナース)の基礎基本

看護師とは

近年、看護師のニーズが高まっていることをご存知でしょうか? 高齢化社会が問題として叫ばれている昨今において、医者はもちろんのこと、看護師もまた絶対に必要となる労働力であり、今後、ますますニーズは高まっていくことでしょう。 今回は、そんな看護師について紹介したいと思います。 そもそも看護師とは一体なんなのでしょうか? 看護師の定義としましては、簡単に説明すれば厚生大臣より免許を受けた経歴を持つ人間であり、傷病者や褥婦に対して療養上における世話だったり診療の補助を担当することができる技術を有する者を指します。 つまり、患者に対して正しい医学的知識や技術を活用して、世話することができるものを看護師と呼ぶのです。 また、看護師にはその業務内容において、「保健師助産師看護師法」と呼ばれる順守しなければならない法律が定められており、それを徹底して守る者でもあります。 ちなみに看護師には准看護師と呼ばれる役職もあります。 准看護師とは、都道府県知事免許を受けた者のことであり、より正確にいえば医師・歯科医師、もしくは看護師から直接どう行動するかの指示を受けた上で、傷病者や褥婦に対して適切な療養上の世話や診療の補助を実行する存在のことを示します。 つまり准看護師とは、看護師の下について、指示を仰ぎ行動する看護師の部下のようなものなのです。 看護師とは、また准看護師とは、上記のような立場にて役職に準ずる人を指す名詞なのです。

看護師の種類について

看護師と一言で言っても、看護師にはいくつかの種類があります。 そしてまた、看護師の種類によって業務内容や立場や責任なども変わってきます。 看護師を目指すならば、そのあたりにはしっかりと気をつけて、自分の希望する立場の種類の看護師を選ぶ必要があるのです。 今回は、そんな複数ある看護師の種類について解説したいと思います。 まずは基本となる看護師です。 看護師とは厚生大臣の免許を受けた存在になります。 そしてまた、その上で傷病者あるいは、褥婦を対象として療養上の世話や診療の補助といった役割を担う人のことです。 続いては准看護師について説明したいと思います。 准看護師とは都道府県知事の免許を受けた人物になります。 そしてまた、免許を持った人物でなおかつ、医師、歯科医師又は看護師から指示を受諾し、傷病者あるいは、褥婦を対象として療養上の世話や診療の補助といった業種を担当する人物が准看護師なのです。 次は認定看護師についてとなります。 認定看護師とは何なのかというと、日本看護協会から認定を受けた者のことになります。 より正確に言えば、必要な教育課程をすべて終えたものであり、なおかつ特定の看護分野における、優れた看護知識および看護技術を習得し、適切な看護ケアを可能とすることができる看護師のことです。 そして最後は専門看護師の説明です。 専門看護師とは何なのかというと、まず第一に日本看護協会専門看護師認定試験にて合格判定を受け、それに加えて特定の専門看護分野における優れた看護における実践的能力を所持していることを認められた者こそが専門看護師なのです。 上記の4種類こそが看護師の全種類になります。

看護師の仕事とは

看護師はどんな仕事をしているのかご存知ですか? そもそも看護師の仕事の基本理念は患者の様子を常に観察することで、異常があれば早期発見を目指し、医師と協力して安全と安心と安楽を患者に提供するというものです。 でも、だからといって患者さんばかり見ていれば良いというわけでもありません。 看護師は一日の中で様々な業務の消化を求められています。 医師の診療を補助するのはもちろんのこと、採血や注射や点滴といった細かな業務や、衛生状態を保つための掃除や排泄だったり、あるいは事務仕事だってやらなければなりません。 また、大きな病院や施設ともなると、より業務が専門的なことになっていき、専門的な仕事を求められることもあります。 中小規模の診療所やクリニックだとしても、それはそれでオールマイティーな成果を求められるので、幅広い技術や知識を使った仕事ぶりを求められることでしょう。 また、看護師はそれぞれ役割を分担されることにより、担当する業務も変化します。 たとえば、リーダーなどに多い部屋待ちの業務の場合、患者のバイタルチェックなどの状態把握から、医師への報告や指示待ちだったり、看護記録の作成だったりといったように様々な仕事があります。 もちろん外回りにしても業務はたくさんあります。 採血や尿検査や点滴といった細かい業務だったり、皮膚トラブルなどといった小さな問題に対して事細かに対処するなどの仕事が求められるのです。 また、入浴などを助ける業務なども担当することになります。 このように、看護師には様々な業務が割り振られており、ただ患者の様子を見ているだけではないのです。

夜勤について

看護師を語る上でよく懸念事項としてあげられるのが夜勤です。 もちろん看護師なら誰もが夜勤を務める必要があるとは限りません。 勤務場所や勤務条件によっては夜勤を避けることも可能ですし、必ずしも看護師と夜勤がつながっているわけではありません。 ですが、看護師の仕事をする場合において、夜勤を担当することになるケースが非情に多いのも事実であり、看護師を目指すなら覚悟しておくに越したことはないでしょう。 では、具体的に夜勤ではどんな業務をするのか理解するために、軽く仕事の流れを説明していこうと思います。 夜勤者が仕事をはじめるのは、だいたい日勤の看護師の業務終了からだいたい30分くらい前ぐらいが丁度良いです。 そして出勤してからの一番最初の仕事は、日勤者から仕事を引き継ぐことです。 その日の患者の状態や、気をつけるべきことなどを日勤者より聞き出しておき、いざという時にちゃんと行動できるように備えておくことが大切です。 準備が整ったら、だいたいそのころに患者さんの食事の時間となるので、食事の補助や、薬や検診などを行い、また患者さんの記録を残します。 それらが終わったら、患者さんをこまめに観察するようにして、状況に臨機応変に対応するようにします。 ナースコールの呼び出しを受ければ迅速に応える必要がありますし、高齢者など体が不自由な人はトイレの世話や、コンディションの調整など、やるべきことがいくらでもあります。 そのまま、朝の六時くらいまで患者の求めに対応していき、時間になったら検温や採血といった必要検査を実行していくのです。 ちなみに六時までの間に仮眠を取ることはできますが、基本的に忙しいので二時間眠れるかどうかといったところなので、あまり期待はできません。 後は、患者さんの朝のコンディションの記録をつけて、食事を助け、出勤してきた日勤者に患者さんのデータを引き継ぎして、ここまで終わってやっと業務終了となります。 勤務場所により細部は異なりますが、看護師の夜勤は上記のような流れとなっています。

看護師はとってもハードな仕事

看護師は基本的にハードな仕事です。 今回は、看護師がハードと呼ばれる理由について説明していこうと思います。 まず最初のポイントは、座れないという点です。 看護師は、基本的に立ちっぱなしで仕事をします。 しかも、忙しい時は休憩すらないこともよくある上に、ナースコールなど患者に何かあれば対応のために患者の部屋に急ぐ必要があります。 でも、休むこともなく立ちっぱなしでは、足がつかれてしまいますし、むくんでしまう可能性だって十分あるのです。 そして次のポイントは、気軽に休めない環境という点です。 看護師はシフト制であり、基本的に忙しい業務をそれぞれが協力して担当することで、何とか消化しています。 そのため、シフトに穴ができれば、簡単に埋めることができないので、必然的に休むためには相応の理由が必要とされるのです。 少なくとも、軽い風邪などの理由では、休みたいといっても渋い顔をされてしまい、気軽に休むことはできないでしょう。 一応有給は取れるのですが、それでも休みにくいことには変わりありません。 そして最後のポイントは、責任が非情に重いということです。 看護師の仕事は、医者ほどの責任はないにせよ、それでも他人の命をあずかっている立場には変わりありません。 そのため、他人の命を背負っているというプレッシャーに常に脅かされることになるのです。 人によっては、その責任をやりがいと捉えることができる場合もありますが、逆にその責任がトラウマになってしまう人だって多いのです。 看護師は、上記のような理由があるから、とってもハードな仕事と言われるのです。

看護師(ナース)を目指すために

看護師になるためには

看護師になるためには何をすればよいのでしょうか? 今回はその点について解説したいと思います。 基本的に看護師になるには、高校卒業後に法律により規定されている養成施設に通うことから始まります。 そしてその施設で3年以上の勉強期間を経て、国家試験を受験して見事に合格すれば、看護師と名乗れるようになるのです。 ただし、看護師と名乗れるだけであり、看護師として認められるには、その後にちゃんと看護師を必要とする施設に就職する必要がありますのでご注意ください。 一般的に看護師になるなら、上記の方法が基本となります。 しかしながら、それはあくまで基本であり、まだ他にも看護師になれる手段はあります。 実は准看護師からでも看護師になることができるのです。 准看護師の立場ならば、進学コースと言われる昼間のコースで2年間勉強するか、あるいは定時制のコースで3年間勉強すれば、国家資格を受験する資格を得ることができるので、見事に合格すれば准看護師から看護師となれます。 看護師の資格取得コースとは異なり、准看護師の資格は高校生の時点で取得することが可能であり、また昼間コースは看護師の勉強期間よりも短い2年間の勉強期間で終わるので、うまくトントン拍子で試験に合格できれば、准看護師から看護師になった方が早く資格を習得できるのがメリットです。 実際、准看護師からなら20歳で看護師の資格を取得することもできるのです。 また、大事なのはあくまで看護師なら高校卒業資格を、准看護師なら中学卒業資格を持っているかが重要であり、社会人になってからでも勉強すれば看護師になることは可能です。 看護師になる方法に年齢制限など存在しないので、もしも看護師になりたいと考えているならば、いつでも挑戦してみてください。

准看護師からでも看護師になれる

看護師になる方法の1つとして、准看護師から看護師となる道があります。 具体的な方法としては、2004年度からスタートした通信制の看護師学校養成所2年課程を利用することによって准看護師から看護師となる道が開けるのです。 放送大学との見事な連携による通信教育を用いた新しい学習システムのおかげで、忙しい准看護師の方でも勉強することができるので、働きながらでも安心です。 看護師を目指すにせよ、単純にスキルアップを目指すにせよ、准看護師が上を目指すなら決して損のないシステムなので、良ければ利用してみると良いでしょう。 ついでに、准看護師になる方法について説明しておきます。 准看護師になる方法としては、2通りの手段が存在します。 基本として中学卒業資格を持つ上で、高校学校衛生看護師に進学する点は共通ですが、そこから昼間コースを選択して3年間勉強するか、あるいは定時制を選択して4年間勉強するかのどちらかを選んで必要な知識や技術を獲得すれば、准看護師になるための資格試験を受けることができるようになるのです。 そしてその資格試験に合格すれば、はれて准看護師というわけです。 ちなみに准看護師試験は都道府県主催で行われる試験です。 看護師の試験が国家試験なのに対して、准看護師の試験は国ではなく市町村主導の試験であるということは覚えておいたほうが良いでしょう。 准看護師から看護師を目指すとなると、言葉尻だけの印象では面倒くさそうなイメージを抱くかと思います。 でも、うまく試験に合格できれば、普通に看護師の資格を取るよりも早く看護師になれるので、もしも早く看護師になりたいと考えているなら狙ってみる価値はあると思います。

准看護師の現状と今後について

准看護師についてですが、実はいずれ准看護師に関する制度が廃止され、看護師として統一されるという意見が存在することをご存知でしょうか? 准看護師は定義としては、看護師の部下として指示を仰ぎ行動する存在です。 しかしながら、何かと忙しい看護業界においては、上だの下だの言っていられないのが現状であり、必要ならば准看護師が看護師と同じ質の仕事をすることだって珍しくないのです。 そういう意味で言えば、実際の現場においては、准看護師と看護師の間ではあまり差はないように思えます。 でも、残念ながら准看護師と看護師では、1つ決定的な格差があります。 それは給与面における金額の大小です。 正社員と派遣社員では雇用の待遇に大きな差があるように、看護師と准看護師では雇用の待遇に差というものが存在します。 少なくとも、給与面では決して馬鹿にできない格差があるのです。 しかも、コスト面が安くすむからということで、医療施設側が正看護師を敬遠し、准看護師を積極的に雇用していくなんて話もあるのだから、このあたりの格差は根強い問題といえるでしょう。 だからこそ、いっそ看護師と准看護師を一緒にして統一してしまうことで、問題を解決しようと考えることも間違ってはいないのです。 ただ、実際問題として、正看護師と准看護師では知識量や技術力などにおいて、教育課程などの違いから個人的問題ではすませられない規模で格差が存在するのも事実です。 そのため、いきなり正看護師と准看護師を一緒にするのは、知識や技術の方面から無理だと言うことになります。 もしも本当に准看護師が廃止される時がくるなら、それは正看護師と准看護師が待遇だけでなく、知識や技術の面においても同等となった時なのです。

社会人からでも看護師になれるのか?

看護師はやろうと思えばいつでもなることができます。 高校卒業の資格と養成施設で勉強して資格をとることが看護師になるための条件です。 そもそも養成施設については特に年齢制限を設けられているわけではありませんので、誰でもいつでも勉強することができます。 また、高校卒業資格にしても、高学歴社会における現在ならば、大抵の社会人は普通の高校卒業資格くらいは持っているはずです。 もちろん人によっては高校卒業資格を持たない方もいるかもしれませんが、高校卒業の資格にしても年齢制限があるわけではないので、やろうと思えば成人してからでも取得することは可能です。 だからこそ、看護師になることは、大人の社会人になってからでも十分に可能なのです。 そのことを裏付けるように、もし実際に看護学校に言ってみる機会があるなら、その生徒たちを見渡してみると良いでしょう。 本当に様々な年齢や立場の人が看護師になるために、スキルアップのために勉強しているので、学生しかいない中に混じって勉強するのが恥ずかしいという大人の方でも安心して通えるのです。 もちろん、看護師になるのが夢ならば、最初から一貫して看護師になるために勉強して行くのが一番なのは間違いありません。 でも、看護師になることは熱意と行動力さえあれば、やろうと思えばいつでもなれるのも事実です。 だからこそ、看護師になる前に、他の職業を体験しておいて、ある程度の社会経験を積んでから看護師になるという選択だって可能です。 看護師にどのようにしてなるかは個人個人の自由であり、それを決めるのは自分自身です。 看護師になりたいのなら、自分の立場や状況と無理ないように頑張って資格取得を目指すようにしましょう。

看護師(ナース)が転職するために必要なこと

看護師と転職(離職)

看護師は非情にハードな仕事です。 また、責任も非情に大きく、生半可な気持ちでは勤まらないと言えます。 そんな仕事だからこそ、看護師は非情に離職率が高いことでも有名です。 そのことがますます看護師のニーズを高め、また現場の仕事をきつくする要因となっているのです。 もちろん、看護師の仕事を離職することは個人の自由です。 人には様々な目的があります。 だからこそ、自分のこれからのために、どうしても看護師をやめざるを得なくなることもありえるのです。 そしてまた、一度離職したものの、また看護師に戻るのも個人の自由ですし、雇用形態が気に入らないなどの理由から転職するのもまた自由なのです。 看護師というのは基本的にハードですが、しかし同時に意外と雇用形態が充実しているというメリットがあります。 看護師を離職する原因として高い割合を持つ育児の問題に対応するため、託児所が設置されている病院などがありますし、また残業や夜勤を含まないことを条件とした看護師求人も探せば必ずあるはずです。 それに、看護師は離職率が激しいので、だからこそ雇用率が非情に高いというメリットもあります。 なので、就職するにせよ転職するにせよ、看護師は普通の仕事よりはいくらかマシな部類なのです。 それに、求人数が多いから、自分の好きな雇用形態や雇用条件を探すことができるという点も魅力と言えます。 このように看護師は就職や転職に関して恵まれた職業であり、何らかの事情で離職しても取り返すことができる職業なのです。

転職のために求人情報を集めよう

転職するには、何よりもまず次の職場を探すための求人情報を探すのが先決です。 そして求人情報を集める際の基本となるのは、新聞の折込チラシやフリーペーパーの求人誌だったり、本屋に売っている求人情報誌などですね。 また、ハローワークを利用したり、ネットの人材紹介サービスを利用するのも有効です。 特にハローワークや人材紹介サービスは、無料で利用できるにも関わらず、多くの求人情報を取り扱っており、また一般的な求人情報集めの手段である求人誌や求人情報誌には掲載されていない非公開求人も取り扱っているため積極的に利用していきたいところです。 それに、情報誌や求人情報誌に掲載されている求人に応募する場合、自分で連絡を入れてアポイントメントを取った上で就職試験を受けに行く必要がありますが、ハローワークや人材紹介サービスは試験こそもちろん本人が受ける必要がありますが、アポイントメントなどはサービス側が担当してくれるので、非常に楽というのも魅力的です。 ともあれ、一番大事なのはやはり良い求人情報を手に入れるということです。 そして良い求人情報を見つけるには、とにかくたくさんの求人情報データを集め、そこから厳選していく必要があります。 選択肢は多ければ多いほど、良い条件を見つけることができる可能性が高いので、求人情報は集められるだけ集めたほうが良いでしょう。 ただし、ハリーワークや人材紹介サービスは、うまく利用すれば、ある程度の希望条件を絞り込んだ上で求人情報を探せるので、良い求人を見つけるならやはり有効なのです。

ハローワークを利用しよう

看護師として就職や転職を目指す上で、基本となるのは求人情報誌などで調べる方法ですが、それはお世辞にもあまり効率的な方法とはいえません。 求人情報誌には無差別に求人情報が掲載されているので、好条件の求人情報を見つけるのは至難の業であり、ハッキリ言って調べにくいです。 それに、求人情報誌を利用するなら、基本的には一人でアポイントメントから試験までといった必要な要項を消化する必要があるので、就職や転職に慣れていない人からしてみれば非情に敷居を高く感じるでしょうし、場合によってはトラブルに発生する可能性もありえます。 このように、求人情報誌を利用する方法は確かに就職・転職の方法として基本ですが、あまりオススメできる方法ではありません。 では、どのような方法がオススメなのかというと、やはり何と言ってもハローワークを利用する方法です。 ハローワークの利用法はとっても簡単で、「求人票」という用紙に必要事項を書き記したら、膨大な量の求人情報が記録されているパソコンを無料で利用できるというサービスになります。 また、この「求人票」を携帯しておけば、たとえば家からなどどこでもハローワークが保有する大量の求人情報を調べることが可能です。 なおかつ、ハローワークの求人情報には、求人情報誌には掲載されていない非公開求人なども多く掲載されており、好条件の働き口を見つけることも可能です。 ハローワークにはあらゆる職業の求人情報がまとめられているので、看護師の求人情報だってたくさん手に入りますし、一般求人の他に非公開求人も調べていけば、必ず好条件の働き口が見つかるはずです。 それに、アポイントメントなどを取ってくれたり、アドバイスや相談を受けることができるサービスもあるので、就職するにしても転職するにしても、非情に便利なのです。

人材紹介サービスを利用しよう

今や医療業界における看護師がつねに人手不足なのは当たり前と言っていいほどの問題となっています。 だからこそ、ハッキリ言ってしまえば、看護師の求人情報を探すこと事態は非常に簡単です。 ただし、簡単なのは情報を探すまでであり、たくさんの求人情報の中から魅力的な好条件求人情報を見つけ出すとなると、その難易度はとてつもないレベルです。 そんな時に役立つのが、人材紹介サービスなのです。 人材紹介サービスとは、インターネット上にて運営されている基本無料の就職・転職支援サービスのことです。 今やIT社会という言葉が使われてそれなりの時が流れてきたこともあり、インターネットが一般に完全に普及したと言えます。 人材紹介サービスは、そんなインターネットを最大限利用したサービスであり、インターネットが使える環境さえあれば、どこでも、どんな時でも求人情報を探せるのが魅力的です。 さらに、ネットワークを通じて広がる支援の輪によって、広範囲な規模での求人情報がまとめられており、求人情報誌を調べるよりも多くの情報を手に入れることができます。 しかも、運営企業によって情報を調べやすいようにまとめられていたり、検索サービスなどが用意されているので、条件を絞ってふるいにかければ、素晴らしい好条件の看護師求人を見つけることだって可能なのです。 また、ほとんどの人材紹介サービスサイトは、非公開求人を取り扱っていることも多いので、看護師の就職・転職において非公開求人情報を取得できるかどうかは非情に重要とされることもあり、使いこなせれば看護師にとって大きな助けとなるのです。

人材派遣会社を利用するのもあり!

看護師として働くには、働き口が絶対に必要です。 看護師の資格だけを持っていても、それだけでは看護師とは名乗れないように、ちゃんと働き口を見つけて看護師として働くことで、はじめて看護師と胸を張って名乗ることができるのです。 ともあれ、看護師の仕事を探すというと、これが意外と大変です。 ただ求人情報を探すだけなら、今や医療業界において看護師が不足していると言われているだけあって簡単です。 でも、これが好条件の働き口を見つけるとなると、話は変わって非情に困難となります。 そして、求人情報誌だけじゃなく、ハローワークや人材紹介サービスを利用すれば、より効率的かつ大々的に求人情報を探せるので、好条件の看護師求人を見つけられる可能性は高まりますが、それでも確実というわけではありません。 それに、もし好条件の求人情報を見つけても、条件が良いからこそたくさんの人が目を向けるので、必然的に就職試験の倍率が高くなり、実際に就職できるかどうかわからなくなるのです。 そこで便利なのが人材派遣会社です。 人材派遣会社は名前の通り人材を派遣する会社であり、登録しておけば、仕事先を選んで派遣看護師として一時的とはいえ仕事につくことができるのです。 もちろん一時的なものであり、正式な雇用と比べると立場や給与面などで差はありますが、どうしても良い条件の求人が見つからなかったり、試験に合格できない場合には、利用してみる価値は十分にあると思います。 それに、うまく派遣先で頑張れば、能力を見こまれて正式に雇ってもらえる可能性もありますので、挑戦してみても損はないのです。

転職支援金をもらおう

看護師の仕事は近年において人員不足が大きな問題として唱えられています。 実際問題として、高齢化社会が問題視される現状において、今後高齢者の増加により看護師のニーズはますます高まることが予想されるため、病院側も優良な看護師の確保に一生懸命です。 そこで、優秀な看護師を確保するための手段の1つとして最近、人材紹介サービスで用いられるサービスが転職支援金です。 実は一部の人材紹介サービスでは、転職することにより、支援金が配布されるというサービスを実施しているのです。 大不況時代である現代では、なかなか高収入の仕事というものにはありつけません。 どの業界でも年々賃金が低くなっているのが現実であり、それはニーズが高まっている看護師業界においても同様であり、高収入の看護師求人を見つけるのは非情に難しいのです。 それに、離職にせよ転職にせよ、仕事から離れれば収入源を失うということになるので、金欠になるのは当然です。 それに、就職活動というものも意外とお金がかかるものです。 アポイントを取り入社に関する説明をしてもらうだけならほとんどの職場は無料でしょうが、実際に試験を受けたりするとなると、多少なりとも費用が必要とされることもありますし、説明会や職場に行くための交通費や昼食代といった雑費も色々と必要になるのです。 上記のような理由があるので、金額はそれほど多くないとはいえ、支援金を受け取ることができるというのは大きいメリットだと言えます。 せっかくのサービスなので、ありがたく受け取っておくと良いでしょう。

非公開求人を狙おう

どんな職業であれ、ハローワークや人材紹介サービスを使うことは非常に有効です。 もちろんそれは看護師においても同様であり、普通に求人情報誌などで求人情報を探すよりも、はるかに多くのデータを手軽にかつ簡単に調べることができるのです。 そしてまた、その中でも特にオススメなのが人材紹介サービスです。 どうしてオススメなのかというと、人材紹介サービスの多くは、非公開求人情報を取り扱っているからです。 非公開求人は、人材紹介サービスを利用するにおいて、ある意味では目玉ともいえるサービスです。 看護師のニーズが高まっている現代なら、探せばいくらでも看護師の求人そのものは、それこそいくらでも簡単に見つけることができます。 でも、果たしてそれらのデータは、本当に良い求人情報なのかというと、それとこれとは別の話でしょう。 そもそも、無造作に公開されている求人情報は、果たしてそれほど好条件のものがあるのでしょうか? ハッキリ言えば、ないことはないですが、少ないと言わざるを得ません。 その点、非公開求人で応募している看護師の仕事は、もちろんすべてが好条件とは限りませんが、普通の公開求人よりも条件としては優れているものが多いです。 それもそのはずであり、非公開求人の非公開とする理由については各職場において様々ですが、一般的には本当に限定した人しか欲しくなかったり、好条件だから募集が殺到する恐れがあるので限られた人しかチェックできないようにするなど、相応の理由があり、理由に応じて条件が整った仕事が多いのです。 そんな非公開求人だからこそ、好条件の看護師雇用を目指すなら、積極的に狙っていくべきなのです。

良い転職支援サービスサイトを見つけるために

看護師の求人を探すなら人材紹介サービスとも呼ばれる転職支援サービスを利用するのが吉です。 そのサービスを利用すれば、求人情報の探索はもちろんのこと、転職支援金の受け取りや非公開求人を調べることができるなど、多数の支援を受けることが可能となるので、何かと面倒事の多い就職活動中においては大きな助けとなるのです。 基本的に無料なのでデメリットはほとんどありませんし、利用する価値は十分にあると言えます。 ともあれ、転職支援サービスならどこでも良いのかというと、決してそんなことはありません。 転職支援サービスは、様々な医療と関係ある企業や会社が運営しているサービスです。 そのため、調べればわかりますが、かなりの種類の運営サービスが存在しており、それぞれが固有のメリットを持っていれば、特有のデメリットなども保有しているものなのです。 転職支援金のサービスを実施していない運営サイトもあれば、非公開求人の情報データが多かったり少なかったりなどや、そもそも求人情報の保有データの数に差があったり、データを調べるために利用する探索システムに穴があったり逆に使いやすかったりなど、様々なメリット・デメリットを各自サイトが保有しているのです。 そのため、良い運営サイトを見つけることができるかどうかは、サポートを受ける側からしてみれば非情に重要です。 それ次第で、良質なサポートを受けることができるかどうかが決まるのだから、それも当然といえるでしょう。 つまり、良いサポートを受けたいなら、まずは良い転職支援サービスを見つけることが大切なのです。 サービスの優劣については、実際に利用してみて調査してみるのもありですし、あるいは調べれば比較サイトなどで調査されているので、それらを参考にして選んでみても良いでしょう。 看護師の就職には絶対に必要というわけではありませんが、就職や転職においては必ずプラスになるので、しっかり良い運営サイトを探しましょう。

ハローワークで看護師求人を探す

ハローワークとは

ハローワークとは正式には公共職業安定所と呼ばれる施設であり、一昔前は「職安」などと呼ばれていました。 厚生労働省により管轄されている役所であり、職業安定局と呼ばれる部署により地域の総合的雇用サービス施設として活躍しています。 厚生労働省が運営しているため、運営資金は税金で賄われているので、利用するのは無料です。 おかげで失業して金欠な人でも安心して利用できます。 また、無料だから転職にせよ就職にせよ、だれでも気軽に通えるのです。 雇用保険や失業保険といった事の手続きも、ハローワークで行なうことができます。 むしろ、ハローワークでしかできないこともあるので、雇用のことで何か問題が発覚したら絶対にハローワークに行くようにしましょう。 そんなハローワークには豊富な求人情報が集められています。 自宅の周辺地域以外の求人情報などもたくさん掲載されており、全国の求人情報を探すことができるのです。 また、検索方法も非情に簡単であり、パソコンのタッチパネルを操作するという簡単な手法で、自由に求人情報を探すことができるのです。 窓口などで職探しなどに関する相談をすることもできますし、求めればアドバイスだってもらえることが可能です。 さらに、就職に役立つ資格の取得や職業訓練なども受け付けています。 人がたくさんいるので雰囲気も悪くなく、以前は職安と聞くと気軽に行けないイメージがありましたが、ハローワークと呼ばれるようになった今なら、誰でも気軽に通うことができると思います。 求職中の方は、是非とも通うべき施設であるハローワークなのです。

ハローワークのメリットについて

ハローワークを利用にするにおける一番のメリットは、大量の求人情報を調べることができるという点です。 たとえば、書店などで一般的に売られている求人誌などを見てみると、掲載されている求人情報は東京首都圏や大阪など大都市に集中していることが多いです。 そのため、地方に住んでおり、地元の求人情報を探している方にとっては、どうしても利用しにくいところがあります。 対してハローワークは、地域密着の運営方針を行なっており、地元の求人情報も多く取り扱っているので安心ですし、もちろん地元以外の情報も調べられるので、都市部ではないが地元でもない場所に就職したい方も利用できます。 また、検索システムが非情に使いやすく、また豊富な検索パターンが用意されているのもメリットです。 雇用条件や給与面など、様々な条件で検索をかけることができるので、希望する条件にかなう職を見つけることも求人誌よりはるかに簡単です。 そしてまた、ハローワークでは希望する求人を見つければ、即座に紹介状を発行してもらい、面接や試験を受けるまでの状態に場を整えてくれるようになっているのも素晴らしいです。 おかげで、普通に求人誌から進めるよりもはるかに楽です。 何か職探しで迷うことがあったら、窓口にてすぐに相談できるのも良いです。 求人誌などで仕事を探していると相談相手に困るものですが、ハローワークならプロの方に相談できるので、安心してアドバイスを受けることができます。

ハローワーク利用の流れ

ここではハローワークを利用する場合における流れについて説明します。 まずハローワークへ行きましょう。 基本的にハローワークのサービスはどこも同じであり、管轄外の求人情報もまとめられているので、自宅から近いハローワークに行けば大丈夫です。 ただし、失業保険の給付手続きなどにおいては管轄地域でなければいけないので気をつけなければなりません。 そしてハローワークに到着したら、求職申請書を記入しましょう。 書き方についてもちゃんと解説してありますので、迷うことはないと思います。 申請書には求職情報についての希望雇用条件や、自分の立場や能力について記入します。 求職申請書の奇乳が終了し、無事に受理されることができたなら、ハローワークカードを受け取ることができます。 ハローワークカードはハローワークのサービスを受ける上で必要になりますので、今後、ハローワークに行く時は絶対に持っていくようにしましょう。 ちなみに一度発行されれば、次からはハローワークカードを持っていけばOKです。 ハローワークカードが完成したら、手続きを申請して求人情報を探索しましょう。 パソコンを使えばタッチパネルを使って簡単に検索できるので便利です。 そして目当ての求人情報を見つけたら、ハローワーク窓口で働いているスタッフの方にお求めの求人情報を示して相談しましょう。 スタッフが求人情報の会社や企業と連絡を取り、面接や試験を受けるための段取りを整えてくれるのです。 無事に段取りがすめば、紹介状を受け取ることができるので、それを持って面接試験場所に向かうことになります。

求職申込書について

ここでは初めてハローワークに行くときに必ず記入することになる求職申請書について説明したいと思います。 求職申請書はハローワークのサービスを利用するために必要なハローワークカードを発行してもらうためには必要不可欠な書類です。 そのため、はじめてハローワークに行った方は、必ず記入する必要があるのです。 ハローワークを利用する際にはハローワークカードを提示する必要があり、ハローワークカードがなければ、この求職申請書を記入して求人登録することを求められます。 最初に記入する時は面倒に感じるかもしれませんが、一度記入してハローワークカードを発行してもらえば、後はもう書かなくてすむので、毎回同じことを繰り返さずにスムーズに就職活動を進めるためにも、しっかり書くようにしなければなりません。 求職申請書に記入する内容は様々ですが、基本的には自分の雇用希望条件や、これまでの自分の経歴の他、取得資格や特技などの能力について詳しく書くことになります。 ここで大事なのは、読みやすいしっかりした字を心がけることです。 内容はすべてコンピュータ処理されることになるので、読みにくい字を書けば、その点が不明瞭になりデータに反映されないこともあるので、後で何らかの不都合が起きる可能性もあるのです。 こうして求職申請書を無事記入し終えて、提出した上で受理されれば、ハローワークカードが交付されることになります。 ちなみにハローワークカードは交付してもらって2ヶ月を超えると、また求職申請書を記入することが求められるので、その点は注意しましょう。

求人情報の探し方

ハローワークには実にたくさんの求人情報が集められています。 でも、たくさん求人情報があるということは、逆を言えばそれだけ求人情報を探すのは大変ということにもなります。 何せハローワークでは、地元の地域に関する求人情報だけでなく、全国各地の求人情報をまとめて掲載しているのだから、その量は非常に膨大であり、普通に調べていては時間がいくらあっても足らないのは道理なのです。 でも、安心してください。 ハローワークは簡単に目当ての求人情報を探すことができるので、たくさん求人情報があっても何も問題ないのです。 ハローワークでは、求人情報を主にパソコンで検索するシステムが主流となっています。 パソコンと言われるとパソコンの扱いに自信がない方もいるかと存じますが、ハローワークで使われるパソコンは通常のキーボードやマウスを使って操作するタイプではなく、タッチパネルで操作できるように調整された特別製なので、簡単に操作できてパソコンに詳しくない方も使えるので安心してください。 検索するやり方も非情に簡単であり、タッチパネルで操作できるボタンが性別や年齢や雇用条件などのカテゴリで分けられているので、自分の望む条件で選択していけば良いのです。 そうすれば、自分の望む条件に適合した求人情報がピックアップされてディスプレイに表示されるのです。 より詳しい求人情報が知りたければ、さらにパネル操作することにより詳しい情報を調べることができます。 また、簡単操作で印刷することができるので、求人情報を用紙の印刷して家に持ち帰ることもできるので便利です。

窓口で相談してみよう

ハローワークでは、求職者のために相談窓口というものが開かれています。 就職というのは、何かと面倒なものです。 今までの人生では使わなかったような技術や知識をいきなり要求されるので、一切の予備知識なく挑戦しては受かるものも受からないというものです。 なら、就職関連の本を読み漁れば大丈夫なのかというと、そんなことはありません。 人によるでしょうが、本を読むだけではどうしても納得できなかったり、間違った知識を覚えてしまう恐れがあります。 そのため、相談窓口が必要となってくるのです。 ハローワークの相談窓口では、まず求人情報の詳細情報を尋ねることが可能です。 求人情報というのは常に変化します。 情報として調べた内容だけがすべてではないのです。 たとえば、応募者多数なために急遽募集を打ち切っていたり、急な理由から募集締め切りよりも早いうちに応募を求めていたりなど、求人情報には掲載されていない情報などがある場合もありますので、何か気に入った求人情報があったら、念の為に相談窓口にて内容を確認することが大切です。 それに、もしも条件に不満がある場合、窓口に相談すれば企業側に交渉してもらうことができるかもしれないので、うまくいけばより好条件の待遇を引き出せるなんてケースもあります。 それに、相談窓口は求人情報に関係なく、就職に関する様々な相談事に乗ってくれます。 就職は人生において非情に大切な要素であり、いい加減に決めるのはかなり危険です。 そのため、慎重に行動することは美徳となるので、何か気になることがあればじゃんじゃん相談窓口に話してみましょう。

看護師(ナース)の就職・転職に役立つ人材紹介サービスサイト

カンゴルーについて

今回は、数ある看護師人材紹介サービスサイトの中でも、首都圏・関西・東海の求人件数ではトップクラスを誇るオススメサイト「カンゴルー」について説明したいと思います。 前述した通り、カンゴルーの最大の特長といえば、何よりもまずは首都圏と関西地方、東海地方において最大級の看護師に関する求人情報が用意されているという点です。 その数は、公開求人だけでなく非公開求人と合わせて数えれば、なんと一万件以上だというのだから驚きです。 しかも、一万件以上にも及ぶそれらの求人情報は、どれもハローワークなどの基本的な求職サービスではお目にかかれないような代物ばかりです。 求人において、数というのは立派なメリットです。 たくさん求人があれば、それだけ探索範囲が広まるということなので、好条件な職場が見つかる可能性が高まるということになります。 これだけの求人情報があれば、きっと目当ての条件に適合する職場が見つかることでしょう。 非公開求人が多いというのも魅力的です。 それに、当サイトでは専任でキャリアパートナーと呼ばれるサポーターを持つことができるので、希望雇用条件を伝えればピッタリの仕事を見つけてきてくれるのです。 さらに、カンゴルーのキャリアパートナーは、実際に職場がどのような仕事場なのかを訪問して調べてきてくれるというサービスも実施しています。 仕事というのは実際に勤めてみないとわからない要素も多く存在し、こればかりはいくら求人票を眺めていてもわかるものではありません。 でも、カンゴルーならば、キャリアパートナーが求人票ではわからないような点も実際に職場を訪ねて調べてきてくれるので、安心して仕事を選ぶことができるのです。

ナースではたらこについて

今回は9万件という圧倒的な数の医療機関により支えられている、何かと評価が高いことで話題の看護師人材紹介サービス「ナースではたらこ」について紹介したいと思います。 ナースではたらこと言えば、看護師の人材紹介サービスにおいて、顧客満足度ナンバーワンに輝いたこともある優れたサービスが魅力的なサイトです。 人気の秘訣は求人情報が極めて良質であったり、高い年収の仕事が揃っているなど様々な要素が数えられます。 特に、用意されている求人情報の量は日本最大級であるという点や、積極的に既存のサービスを向上させてより良いサービスを提供しようとする姿勢などが高評価を集めるポイントだと言えます。 サポート体制がばっちりで、求人情報の紹介からはじまり、履歴書や経歴書などの応募書類の書き方から面接の対策まで、看護師になるために必要なことなら何でもサポートしてくれるのです。 疑問点や不安点などを相談すれば、バッチリ欲しい解答を教えてくれるのも素晴らしいです。 また、より正確な情報を集めるために、独自で仕事場を取材して、求人情報だけでは読み取れないような細かい要素まで調べているという点は瞠目に値します。 おかげで、普通では知り得ないような情報も、試しに聞いてみると意外とわかったりするのです。 また、ナースではたらこでは、希望条件などに見合う仕事先を逆指名したりすることもできます。 非公開求人も多く掲載されているので、探してみれば間違い無く希望にあう仕事場が見つかるでしょう。 ナースではたらこは、看護師の仕事に対する希望にしっかり応えてくれる人材紹介サービスなのです。

看護ジャパンについて

今回はあのパソナグループによる運営されている看護師人材紹介サービスである「看護ジャパン」について説明したいと思います。 パソナグループといえば、女性の雇用問題を解決することをテーマとしている組織であり、看護ジャパンはそんな企業により運営されているサービスサイトです。 掲げているテーマは伊達ではないということなのか、働く女性をサポートすることに関してはノウハウがしっかりとまとめられているので、その系列である看護ジャパンも例に漏れず女性にとって非情に有益なサイトとなっています。 男女平等に近づいている世の中ですが、それでも看護師は未だ女性ばかりの職業であることを考えれば、パソナグループがバックに付いている看護ジャパンは非情に頼もしいと言えます。 当サイトでは、全国47都道府県各地に拠点を持つパソナグループの全面協力のもと、数多くの求人情報を収集することに成功しており、膨大な数の看護師求人情報が掲載されています。 単純に情報の数だけで判断すれば、なんと10万件以上もの情報が集められているのだから驚きです。 さらに、専任サポーターを用意するという点にも注目です。 専任サポーターによる完全サポート体制により、職場の詳細情報から試験や面接の対策に、応募書類の書き方の指導まで、就職に役立つあらゆるサポートを期待することができます。 女性から信頼の高いパソナグループが運営する上に、実際にサービスが優れているということもあり、ユーザーからは高い評価と口コミを得ているのも納得の人材紹介サービスが看護ジャパンなのです。

ナースフルについて

ここでは口コミでも大きな話題を読んでいる、好条件の求人が豊富な「ナースフル」について説明したいと思います。 ナースフルとは、以前の名称がリクルートナースバンクで、この名前から何となく想像がつくかもしれませんが、あの転職事業における最大手の企業リクルートグループが運営する看護師人材紹介サービスサイトになります。 リクルートグループが運営するだけあって、その信頼性や安定感は抜群の一言であり、多くの求人案件が業界でもトップクラスの数で揃っています。 サービスも非情に充実しており、特に専任のキャリアアドバイザーがついてくれるのが好評です。 キャリアアドバイザーは専任サポーターとして様々な面で全面サポートしてくれるので、希望条件に適合する仕事を見つけることも非情に楽になるのです。 もちろん、就職する上で必要などんな相談にも乗ってくれるので、もしも何か希望があったり、また疑問点があれば遠慮無く相談してみましょう。 きっと良い答えを返してくれると思います。 それに、就職するまで完全にサポートしてくれるので、働きながら転職先を探しているという方でも、安心して仕事を探せるのも魅力的です。 求人情報は好条件かつ好待遇な案件が多いことから評判も高いですし、いたれりつくせりの人材紹介サービスサイトが「ナースフル」なのです。 もしもこれから看護師として就職しようと考えているなら、あるいは看護師として働いているけれど転職したいと考えているなら、ナースフルを利用すれば、きっと良い結果を手に入れることができると思うので、是非とも利用してみてください。

看護プロについて

仕事において給与面や待遇などはもちろん大事ですが、やはり一生を左右することである以上は、長く続けやすいような仕事を選びたいものですよね。 でも、長く続けられる仕事なんてものはなかなか見つからないものです。 まして、看護師なんていう基本的にハードな仕事となれば、なおさら長く続けられる仕事を得ることができる可能性は稀であると言えます。 看護プロは、そんな看護師の仕事を紹介する人材紹介サービスでも、「長く続けることができる職場を紹介する」ことをモットーとして活動しているのが特徴的なサイトになります。 実際、看護プロでは職場環境が悪い求人は最初から徹底的に排除されるように調整されており、就職してみれば居心地の良い職場ばかりとなっています。 長く看護師の仕事を続けたいと考えている方にとってまさしく理想的な環境が用意されているからこそ、長く定着することができるのです。 使い方も非情に簡単であり、ホームページで登録した後は、専任コンサルタントが配属されるので、その方と相談して希望条件を明確にしていき職場を探していくという形を取ります。 また、専任コンサルタントは仕事を紹介してくれるだけでなく、面接や試験や応募書類など、就職するために必要な知識を教えてくれたり、何か疑問点があれば問いただせば解答を教えてくれたりと、なんでも相談に乗ってくれるので、就活する上で非情に頼りになります。 さらに看護プロでは、お祝金と呼ばれるサービスシステムが用意されており、なんと働き始めてからしばらくすると、お祝金という名目でお金を受け取ることができるのだから凄いですよね。

マイナビ看護師について

看護師人材紹介サービスは数ありますが、その中でも92%という屈指の顧客満足度を叩きだしたことで話題を集めたサービスサイトが「マイナビ看護師」です。 今回はそんなマイナビ看護師について説明したいと思います。 マイナビ看護師といえば、日本の看護師求人サービスにおいて最大手と言われるほどの有名人材紹介サービスサイトになります。 その特徴は何と言っても圧倒的な数の求人情報の収集力にあります。 就職する上で求める希望条件というのは人それぞれです。 そのため、一見すれば好条件な求人情報があったとしても、人によってはそれが悪条件な求人情報にうつることも多々あるのです。 だからこそ、絶対におすすめな求人情報というのは、実はかなり見つけるのが難しいです。 むしろ、自分にとって好条件な求人情報を見つけるほうが建設的とも言えます。 でも、それはそれで難しいのが現実です。 マイナビ看護師は、そんなオンリーワンな好条件の求人情報を見つけられる可能性を持っています。 なぜなら、たくさんの看護師求人情報を集めているから、それだけ様々な条件の仕事が用意されているので、その中を探せば自分だけの好条件求人が見つかる可能性があるということです。 もちろん、当サイトは求人の数だけでなく質も上々であり、あらゆる方面から看護師の求人情報を徹底収集しつつ、同時に様々な雇用条件で厳選することにより、最初から悪条件だとわかるような求人は排除して、好条件な求人のみ紹介するようにしているのです。 実際、口コミではマイナビ看護師に紹介してもらった仕事は長く続いて定着率が高いということから、口コミなどで非情に高い評価を集めているのです。

看護師転職ドットコム

これから看護師を目指している方は、看護師人材紹介サービスの利用を考えることでしょう。 でも、看護師人材紹介サービスにもたくさんの種類があって、どれを選べば良いか迷うものです。 看護師転職ドットコムは、そんな数ある看護師人材紹介サービスの中でも、各方面から高い評価を得ていることからオススメのサービスサイトになります。 そこで今回は看護師転職ドットコムについて説明したいと思います。 看護師転職ドットコムの特徴は2つあります。 1つは豊富な看護師求人情報が全国より集められていること。 そしてもう1つは、専任コンサルタントとワンツーマン体制で求職活動ができるという点です。 看護師の求人情報というものは、職場によって様々な雇用条件が出されています。 そのため、雇用条件も必然的に多様化されることになり、目当ての条件に見合った求人情報を見つけるのはかなり難しいです。 だからこそ、下手な鉄砲の理論ではありませんが、やはりたくさん求人情報が用意されていれば、それだけ希望にかなう雇用条件の仕事が見つかる可能性が高いのです。 専任コンサルタントとは言うなれば仕事を見つけるために協力してくれるパートナーのことです。 基本的に就職に関係することなら、何でも協力してくれる立場の人なので、何かと厄介なことが多い求職活動においては大きな助けになると思います。 なにか不安なことがあれば相談できますし、疑問点があれば解答を求めることだってできます。 面接や応募書類などの対策やアドバイスをもらうこともできますし、希望条件に適合した仕事を見つけて紹介してくれることもあります。 当サイトはそんなコンサルタントが必ず一人配属されるので、素晴らしいサポート体制のおかげで安心して確実な就職活動を進めることができるのが魅力です。