医療脱毛では出力の強いレーザーを使用するので、

痛みを伴うと言われることがあります。

しかし、痛みに関しては個人差が大きく、

まったく痛みを感じなかった

と言う人と

痛かった

と言う人の2通りの人がいます。

もちろん、一昔前までの脱毛の主流であった

ニードル脱毛に比べれば、

痛みはかなり軽減されています。

また、現在クリニックなどで使用されている医療レーザーは、

光を照射した箇所を冷却しながら

脱毛することができるダイオードレーザーや

アレキサンドライトレーザーであるため、

以前に比べてさらに痛みを感じることが

少なくなっています。

それでも痛みに対して恐怖を感じるのであれば、

麻酔クリーム

麻酔シート

を用いるクリニックもありますので、

カウンセリングの時に相談しておくと良いです。

レーザーの出力を弱いものに

変更することもできるようですが、

そうなると脱毛効果も弱くなることを

十分理解しておく必要があります。

また、痛みは脱毛箇所によっても異なります。

ワキや脚は比較的痛みを感じにくい箇所ですが、

皮膚の薄いデリケートゾーン周りなどはどうしても痛みを感じやすくなります

しかも、脱毛施術は1度きりで終わり

というものではありません。

ヘアサイクルに合わせての施術となりますので、

完全に脱毛を行ってしまうには

少なくとも3〜4回の施術

が必要になります。

自分がどの程度の痛みなら

耐えられるのかを確認するために、

本契約を結ぶ前に

体験コースやテスト照射を

受けることをお勧めします。